読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は好きを、諦めない。

思い続ければ叶うと信じるおたくのひとりごと。

「君の名は。」と「言の葉の庭」における、雪野先生の話。

君の名は。の感想記事ではありませんが、ネタバレ含みます。また、一個人の考察です。



今話題の「君の名は。」を観ました。

個人的な感想としては、面白かったけど絶賛するほどではないのでは……?と。
序盤から伏線が散りばめられていましたが、何となく先が読めてしまいました。





話は変わりますが、三葉の古典の先生が「言の葉の庭」の雪野先生と思われる女性でしたね。
この先生が雪野先生だったらいいなぁ…なんて呑気に考えていた私は、先生の顔が映って硬直&喋った瞬間号泣。
開始から10分後の出来事でした。一番泣いたのは、間違いなくここです(笑)

エンドロールには「ユキちゃん先生」と書かれていましたが、cvは花澤香菜さん。そして古典の先生。
あの雪野先生で間違いないでしょう。

その後も何度か登場しましたね。喋ったのは最初の1回きりでしたが…。


でも、雪野先生が自らの足で歩き、笑顔を見せていました。
本っっっ当に嬉しいですよ。
あの数秒のせいで、序盤ずっと涙が止まりませんでした(笑)

f:id:wk__mn:20160902221908j:plain






しかし、ここで疑問点が1つ。
何故彼女は飛騨で教師をしているのか。

言の葉の庭」映画版のラストで、雪野先生は故郷である愛媛県今治市へ帰郷します。
これが2013年9月下旬。
三葉が彼女の授業を受けていたのは、2013年の9月から10月辺り。
被ってますね。


また、小説版では帰郷した後から2018年5月までのことも書かれています。
ややこしいので、両作品の雪野先生を簡単にですが纏めてみました。

言の葉の庭 君の名は。
2013年9月 今治へ帰郷 糸守で古典教師
2013年10月 今治の私立高校で教師復帰 彗星落下
2016年上半期頃 愛媛の小さな島で公立高校教師に 不明
2018年5月 用事で東京へ上京 不明


彗星が観測されたのは2013年10月14日。
雪野先生はこの頃、愛媛で教師復帰に向けて頑張っているはずです。
そして、彗星の落下で亡くなってしまった場合、2018年に上京するのは不可能です。


つまり、「君の名は。」と「言の葉の庭」はパラレルワールドなのでは……?
うーーーーーん……。分からない。




何はともあれ、「言の葉の庭」上映時は24歳だった香菜ちゃんが27歳になった今、再び彼女を演じたのはなんだか感慨深いですね。
もう何度も観ていますが、久しぶりに映画版を観ようと思います。
小説版も読み直したいな。





【追記】
新海監督がこの2作についてツイートされていました。


つまり、同じ名前、見た目、声でも同じ人物ではなく全く別人と考えるべきなのでしょうね。
パラレルワールドというよりは、別の世界線と考えた方がいいかも?

雪野先生が笑顔で教師を続けられるなら、どちらでも構いませんけどね。