読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は好きを、諦めない。

思い続ければ叶うと信じるおたくのひとりごと。

甘いものの話。

突然ですが、私は甘いものが好きです。
お茶碗2杯分の晩ご飯を食べた後にホットケーキを焼いて食べたり、ホイップクリームとフルーツが大量に乗ったパンケーキを食べたあとにラーメンを食べたりします。
それくらい好きです。

といっても、女子なんてみんな甘いものが好きですよね。だって食べたら幸せになるもん。
そんな中でもみんな特に好きなものがあるはず。ってことでフォロワーさん達と同じ題で書くことになったよ。





チョコレート

私が一番好きな甘いもの。
なんであんなに美味しいんでしょうね?
大袋に入ったやつを買った日にゃもう朝から晩までずっと食べてる。食べ過ぎってくらい食べてる。
私の体は今チョコでできている……!って勢い(?)

でも、どっちかと言えば板チョコとかのスーパーやコンビニで買える普通のチョコが好きです。
もちろん百貨店とかのお高いのも美味しいよ?一粒いくら…って考えちゃうんで、好んで食べたりはしないって話です。


そんな私が一番好きなチョコはこちら。

f:id:wk__mn:20160516160515j:plain

そう。


チョコエッグ


懐かしい~~~~!!
あのちょっとざらざらして口の中に残る味が大好きです。小さいころは狂ったように食べてた。
中に入ってるおもちゃを開けるドキドキも堪らなかった。


でも一時期見かけなくなったじゃないですか。寂しかった。
しかも最近また見かけるようになったと思ったのに、中に入ってるのももっぱらキャラグッズばかりで。
昔は上の写真みたいに動物だったり、パズルとかちょっと遊べるものだったりした記憶。
箱買いするのが夢だったのに、それをする気が起きない死活問題。



ケーキもチョコケーキが一番好きです。ザッハトルテ最高!


そう、チョコケーキ。
忘れてはいけないのがこちら。

f:id:wk__mn:20160516161941j:plain

フォンダンショコラ。どこのやつでもいいってわけじゃありません。
ビアードパパ限定です。もう一度言います、ビアードパパ限定です。

前を通るだけでいい匂いが漂ってきて、思わずふらふらと吸い寄せられてしまいそうになるビアードパパの冬季限定メニューです。
これを家に持って帰って、レンジでチンしてから紅茶と一緒に楽しむ時の幸福感。




思ったより語れなかった。ごめんよ。
おなかすいたなぁ。

ニルアドの話。

ニル・アドミラリの天秤、ようやくクリアしましたーーー!
一人目をクリアすると放置してしまう悪い癖が出てしまい、発売から3週間近く経ってました……。
せっかくだし1人ずつ感想でも書こうと思います。攻略した順です。なるべくネタバレはしないように頑張ります(笑)
特典CDを踏まえて書いてます。







星川翡翠  愛焦がれる者


天使。癒し。可愛い。最初に攻略したのを後悔するくらい、癒しでした…。
年下で礼儀正しくてcv逢坂くん。もうこれだけで可愛い。
髪や肌の色素が薄かったり、オッドアイだったりと自分の見た目が大嫌いな子で、恋愛感情を汚いものだと思っている子だったんだけども、すべてにちゃんと理由があって。
あと、帽子と制服の上に着たコートが水兵さんイメージなのもなるほどなー!ってなりました。


カワセミの羽を集めたり翡翠の石を集めたりしてるの。可愛い。
翡翠」は幸せを運んでくるから、って理由が切なくもあるけど…。


恋愛感情を汚いと思いつつも「僕以外を好きにならないでください」って言っちゃったり。
弟のように接されてちょっとヤキモキしてみたり。
ヒロインちゃんが他の男のことばっか気にかけるから、嫉妬して無理矢理キスしちゃったり。
はーーーー、可愛い。

そういう描写があるのはびっくりしたけど、CERO Dだからね。まぁそうだよね。
でもそこのスチルも可愛かった。


ENDは正直どれもいまいちパッとしなかったんだけど、強いて言うならハッピーが一番好き。
これからはヒロインちゃんと、今までの分も幸せになってほしいよ~~~;;;
ヒタキENDは怖かったです。好きな人も居るだろうから大声じゃ言えないけど。
ていうか、最初に辿り着いたのがヒタキENDで。うっそーーーー!!って言いながら終わりました。
メニューでのボイスを聞いた時から薄々気付いてはいたけど、こいつ…シスコンを通り越してヤンデレだ……。
私は…翡翠と幸せになりたいんだ……と、泣きながら違う選択肢を選んだよ…。


他のルートでもドラマCDでもとってもいい子で、フクロウは翡翠が居なくちゃめちゃくちゃになっちゃうんじゃ?ってくらい周りを纏めてくれる子だったなぁ~。





鴻上滉  囚われている者


終始「えっ」「嘘でしょ」「幸せになれるの?」ばっかり言ってたルート。大丈夫です、ちゃんと幸せになれます。
この展開はまっっっったく予想してなかった。「囚われている者」ってそういう意味か………って感じです。


いやねぇ、最初は凄く素っ気なくて会話は続かないし華族は嫌いとか言われちゃうし、ここからどうやってそういう関係になるんだよ!って思ってたよ。
何だかんだで距離は近付くのに、そこでまさかの事実が判明するし。襲われるし。「ほら、足開けよ。」とか言われちゃうし。
でもそこでのリップ音めちゃくちゃ良かった。GJのぶ。サンキューのぶ。


言えないことが多すぎて何を書けばいいのやら……。
あれだね、あんなに素っ気なかったのに最後は命からがらヒロインちゃんを守ってくれたところでちょっと泣いたよ。
バッドは中途も含めて、後味が悪すぎてもうやりたくないレベルだけど。


多分好みは分かれるだろうなー。
私は甘々よりもこういう方が好きだから、全ルートの中で2番目に好きです。
あっ、あと、たまに髪下ろした立ち絵があるの良かった!凄く!!

不器用なところ可愛くていいなぁって思います。いまじん特典の紫鶴さんと鷺澤さんと話してる時の不器用さ…良い。





鵜飼昌吾  傷を抱える者


ツンデレ〜〜〜〜!!!!!!
ベスト オブ ツンデレ!!!!!!!!
他ルートでは出ないに等しいし、出ても一言喋って終わり。みたいな感じだったから、やっと君と会話ができるよ〜〜〜!って舞い上がってたらめちゃくちゃ可愛かった。


事前情報でもツンデレ枠なのは分かってたんですけどね?
お坊ちゃんだから身の回りのことは自分でやらないし、他人を見下してるし、これだけだと嫌な奴なんだけども徐々にいい方向に変わっていって。
変わった理由がまた、ヒロインちゃんのせいだ!って顔真っ赤にして言ってて。可愛すぎか……。


フクロウのメンバーを下の名前呼び捨てにしてるのに嫉妬してるのも可愛い。
「これからは昌吾と呼べ」って。呼ぶ呼ぶ〜〜〜!!(ちょろいおたく)


ガルスタのSS読んでからプレイすると、ニヤニヤできます。
そんなこと言ってるけど内心では褒めまくってるんだろ〜!このこの〜!って肘で脇腹突っつきたくなる。ツンデレめ〜!って(笑)


まぁ、抱えてる闇は結構深くて。ここはネタバレになるから言えないけど。

ENDはやっぱりハッピーが一番好きかな〜。凄く成長したなって思います。
いつの間にかヒロインちゃんのこともフクロウのことも大事になってて、自分が帰る場所はあのアパートだ、って。うん、泣いたよね(笑)
全ルートで、一番すっきりした終わり方でした。綺麗にEDに入った。
最後のスチルも可愛かった。

特典CDの「魚が食べたいにゃ」ぐうかわ





汀紫鶴  迷いに惑う者


ダークホースでした。はい。
まさかあなたに落ちるなんて。

初めて会った時からへらへらしながら口説いてきます。「お姫様」って呼んできます。
年上の男性だけあって、色々とずるいです。そう、ずるい。
私がずるい年上キャラが好きなのすっかり忘れてたよね!!


結構序盤に、嫉妬してキスしてくるんだけどもそこからがずるい。
「お姫様が求めてくれるまで手は出さないよ」とか「ほら、言ってみて。」みたいに全部ヒロインちゃんに言わせようとする。
「嫉妬されるのが好きなんだよ。」好き〜〜〜!!!!

あと、ヒロインちゃんを傷付けたくないから他の女性と一緒に居たり。これだけじゃ意味わからないな?(笑)
危ない目に合わせたくないから他の女性に手伝ってもらって、事件解決させようとするの。
確かに物理的には傷付かないかもしれないけど心は傷付くぞ!!嫉妬するぞ!?しかもヒロインちゃんは正義感強いから結局首突っ込んで怪我しちゃうぞ!!


時間が合えば2人で朝ご飯食べたりして。
味噌汁めっちゃ褒めてくれる。新婚夫婦かな?


一度幸せになるんですよ。目隠しされたりストッキング履かせられたりするけど。
でもそこからだよ。END分岐前ラストの章。
「えっ?」しか言えなかった。他キャラに比べたらあんまり闇抱えてないんだなーって思ってたけどそんなことなかった。抱えてた。
ここのスチル、凄く綺麗で。一番好きです。
ちなみに紫鶴さんはハッピーも良かったけど、私はバッドが好きです。紫鶴さんが書く物語みたいな終わり方。
翡翠は「幸せなってほしい」だったけど紫鶴さんは「幸せにしてあげなくちゃ」でした。

このルートにもヒタキENDあるんだよね!またもや最初に辿り着いたのはヒタキでした。すごい!意図してないのに!
やっぱり怖かったけど、ハッピーエンド後のヒタキは可愛かったです。紫鶴さんの大ファンだからあっさり認めちゃう。まるで私達みたいだぞ??
ヒタキのお許しも出たし結婚しましょ……。

特典CDではずっと周りを纏めるいいお兄さんって感じですね。欲望に忠実トリオの1人だけど他のキャラが年下なだけあって、大人の対応。





鷺澤累  真実を求める者


本命です。
顔めっちゃ好き。声さっく。ちょっと裏ありそうだけど物腰が柔らかい好青年。
いや〜、こんなに好き要素が詰まってるのに。なのに…………。


本編が全く刺さりませんでした(小声)


事前情報で考えていたことが全部、見事に当たってしまって……。あ〜、だよねぇ…って感じでした。


この人も何言ってもネタバレになっちゃうんだよね。攻略制限かかってるくらいだし。
素?になった時に声から感情が消えるのはよかったです。
ちょっと自分勝手かなって思っちゃいました。仕方ないと言えば仕方ないんだけど。
アパートに帰したくないから自分の部屋に置くくせに、自分はヒロインちゃん置いて死にに行くし。
バッドの後味の悪さよ。


でもこれを挽回したのが、店舗特典CD!!!私が求めていた鷺澤さんがここに居た!!!!
腹黒い!!!!ニコニコしながらバッサリと言い切ってるのが想像できた!!!
ありがとう鷺澤累!!!!!ありがとう櫻井孝宏!!!!!!
これを聞くまでは顔ファンって言ってたけどやっぱり私は君が好きだ!!!!!!


あと、やたら一緒にお風呂入ろうって言ってくる。カウントダウンボイスでもそうだった。
プロデューサーさん曰く、お風呂担当。
でもお風呂のスチルめっちゃ良かったぞ〜〜〜!!その顔好きだ〜〜〜!!

欲望に忠実トリオの1人。





尾崎隼人  正義を貫く者


メインヒーロー。
共通ルートの時点でヒロインちゃんのこと好きなのが分かったけど、個別入った瞬間告白されてまじかよってなりました。


グイグイ来るけども無理矢理じゃなくてちゃんとその時まで待ってくれて、こりゃ出来る男だってなりましたけども。けど!!
なんかリップ音めっちゃあるじゃないですか!!他キャラは滉さんのあそこしか無かったのに!!
紫鶴さんと鷺澤さんにも欲しかったよ!!!!!!

まぁそれは置いといて、全ルート通して頼れる男って感じでした。感情的になりやすくて口は悪いけど。
過去にヒロインちゃんと似た経験をしたのが明かされて、切なかった。


個別ルートは半分くらい隠さんとのお話だったなぁー……って。もう少し隼人とも話したかった。
でも、梶さんの叫び演技凄くよかった。思わず泣きそうになった。
ハッピーの最後の告白には、思わず頭抱えましたが(笑)嘘でしょ(笑)
結局お前もいいとこの坊ちゃんかよ~~~~!って(笑)

欲望に忠実トリオの最後の1人。





メインキャラはこんな感じですね~。
隼人の後に隠しルートがあるんですけどそこは物語の真相なんで黙りますね。
一番最後の、攻略キャラ6人とヒロインちゃんのスチルとコンプ記念のスチルが幸せに満ち溢れてました…。

サブキャラもみんないいキャラだったんですけど個人的にすっっっっごく気になるのが杙娜さんと燕野くん。
杙娜さんは紫鶴さんのお友達だけあってずるい。すぐに口説いてくる。サブキャラの中で攻略したい度1位です。
燕野くんは……なんであんなにいい子なんですか……。まっすぐで可愛い……。警察官なのに、みんなに出世できないだろうって言われちゃうくらい優しい子で…はぁ、可愛い。


結果的に、購入してよかったと思える良作でした!
今後の展開があればいいなぁ。とりあえずオトパ楽しみですね。チケット全力で取ります。

好きになる傾向を考えてみた話。

オタクをしていると、好きなキャラがどうしてもたくさんできてしまう。
1作品に1人なんて当たり前。下手したら箱推し。みんな素敵だから選べない。

そこで、私が好きになる傾向を考えてみた。
足立さんは散々語ったから省くよ。
それではいってみよう。



佐倉杏子 (魔法少女まどか☆マギカ)

f:id:wk__mn:20160426021114g:plain

よく考えると、杏子以上に好きな2次元の女の子キャラが思い浮かばない。


まどマギのキャラはまどか以外みんな何かしらの闇を抱えてて、杏子の場合は父・母・妹が心中している。
魔法少女になった時に願ったことは、「聖職者だった父の話をみんなが聞いてくれる」こと。でもそんな父が杏子だけを残して一家心中してしまった。
重い、重いよまどマギ………。


杏子の好きなところ。
八重歯。常に何か食べてる。苦労人。自分の信念がある。
そして、自分のためにしか魔法を使わないと決めていたのに最後はさやかの為に魔法を使うところ。


有名なこのシーン。
f:id:wk__mn:20160426022510j:plain

「独りぼっちは……さびしいもんな」


号泣。


それまでは自分のこと以外どうでもいい。他人なんて知らない。みたいな態度を取ってた杏子が、さやかと出会って少しづつ変わっていったと思った矢先の、これ。
あの杏子が、他人のために魔法を使った。でもその魔法は自爆魔法。まさかの展開に絶望しか感じなかった。まどマギ怖い。

まぁ新編ではふたり仲良く同居してて、学校に通ったりまどか達と魔法少女やってるんだけどね!全部ほむらの作り出した偽りの世界だったけど!!杏子が幸せならハッピー!!!!


ちなみに上のシーンはTV放送版の画像。

こちらはBD版。
f:id:wk__mn:20160426023918j:plain

えっ、表情違う!!!!!!????気付いた時はびっくりしたよ。
TV版は真っ直ぐ前を向いていて杏子らしさが出てるけど、BD版はなんかこう………聖母。マリア。好きだ。愛してる。



草薙出雲 (K)

f:id:wk__mn:20160426025207j:plain
あの、本当に………好きです。好きすぎて苦しいです。

赤のクランの参謀役としてみんなを纏める頼れるお兄さんキャラ。
1期の境遇も結構辛いんだけど、劇場版ね。
学生時代からずっと一緒に居た尊さんと十束さんを失って、クランもバラバラになって……。
でも劇場版の何がいいって、いずせりが電話でお互いの状況報告してんだよねーーーそれは2期もだったーーーー!!!!あと、檻ドンね。劇場で見た時変な声出かけた。かっ、かっこい〜〜〜:;(∩´﹏`∩);:♡♡って頭悪いオタクになってた。


出雲さんの好きなところ。
エセ京都弁。外国語できる。学生時代は結構やんちゃしてた。大人の余裕。苦労人。CV櫻井孝宏


1話の冒頭、英語だかドイツ語だかちょっとよく分かんないけどわっるい顔で脅してた出雲さんに一瞬で落ちたよね。それまではシロが好きだったのに。
f:id:wk__mn:20160426155352j:plain
この顔たまらん………。

あと、学生時代の出雲さんは何がいいって、パーマでカーディガンに腰パン。今の出雲さんからは考えられないチャラさ。
コミック版で3人で馬鹿なことしてたのめっちゃ面白かったからみんな読むべき。


CV櫻井孝宏。ここだよね………。
Kに関しては中の人なんて居ない精神なとこあるから、素で「櫻井孝宏まだ会ったことないなぁ」とか言ってたけども舞台挨拶で会ってるんだよね。
さっくの声でエセ京都弁で世話焼きなお兄さん。好きになる要素しかなくない?

劇場版のここ。
f:id:wk__mn:20160426155746j:plain
f:id:wk__mn:20160426155754j:plain
f:id:wk__mn:20160426155930j:plain
炎を放つ瞬間小さい声で「バーン」って言ってんだけど、これさっくのアドリブらしいんだよね。
はーーーーーー!!!!??????何なの櫻井孝宏!!!!!!??????殺す気か!!!!!!!!??????
舞台挨拶でこれを本人の口から言われた私、放心。(°д°)状態。

あんだけ散々中の人とは???って言ってたけど、出雲さんの声がさっくでよかった。本当に。



鳴上悠 (ペルソナ4)

f:id:wk__mn:20160426160718j:plain
主人公ではなく、あえて鳴上悠。

P4Aで足立さん以上に私の心を奪っていったのは彼。そしてそのまま浪川さんへ。すべての始まりです。

1話のコミュ障学ラン全閉めな鳴上くんもめっちゃ好きだよ。よそよそしい。可愛い。


鳴上くんの好きなところ。
一級フラグ建築士。チート。天然。結構闇が深い。


フラグの立て方すごくない?もうあっちこっちに立てまくり。性別問わず立てられるキャラにはとりあえず立てとくみたいな。
そのくせ回収はしない。へし折るか放置。流石モテる男のやることは違う。

闇深いよねぇ。
親の都合で度重なる転校……他人と深く関わるのに慣れてなくて、距離の取り方が分からず、でも見離されたくないみたいな。
あれ、これ公式?二次創作??分からなくなってきたぞ。
とりあえずボイドクエストはトラウマ。

P4Aラストの足立さんが鳴上くんの前髪を拳銃で分けるの最高に好き。普段見えない場所が見えるのってなんか興奮する。しない?するよ。


浪川さんの淡々とした話し方も好きなんだよなーーー



森鴎外 (明治東亰恋伽)

f:id:wk__mn:20160426220721j:plain
いやまさかこんなに好きになるなんて。
某ラジオでCMはずっと聞いてたけどもあんまり意識してなかったんよね。

始まりはアプリ版の配信だった。覚えてる。2013年4月。フォロワーさんにゴリ押しされてDLしたよ。軽い気持ちだったよ。
たしか、最初に鴎外さんをやった。これも軽い気持ちだった。




f:id:wk__mn:20160426221554j:plain


めっっっっっちゃかっこいい


PSP版では普通のボイスになっちゃったけど、アプリ版の最初のダミへシーンで沼に飛び込んだ。ていうかダミへ初めてだったから余計にきた。なっ、浪川さん………っ!!!!ってなってた。


鴎外さんの好きなところ。
牛乳苦手。一人称が僕。ずるい。大人の余裕がある。でも芽衣ちゃんに対しての余裕はあんまり無い。「子リスちゃん」の言い方と「ハハッ」って笑い方。あとドラマCD全般。


ずるい男。その一言に尽きる。いいところ全部持っていっちゃう。好き。

ドラマCDは安眠CDが一番よく眠れるんだけど、やっぱり明治東亰恋逢だよね。何回くるりと回ったか。
イヤホン買う時にあの部分を聴いて買うイヤホン決めたよね。馬鹿だね。
でもあれも好きだよ。カフェフジタ。エプロンのリボンを結び直してくれるところ。「こらっ、動いてはいけないよ。」の「こらっ」。菜箸で五郎さんと戦おうとしたところも可愛い。


VITA移植死ぬほど楽しみです。私を明治に連れてって。




全く傾向わかんないじゃん!!!!
でもここに書いてないキャラも合わせて考えると、めちゃくちゃわかりやすいんだよね!!!!!!

クソか、苦労人か、面倒見のいいお兄さんか、CV櫻井孝宏

いや、最後よ(笑)(笑)
面白いくらいさっくのキャラ好きになる。見た目好きって思ったらさっく。たまに細谷。多分何かに引き寄せられてるんだと思う。運命の引力だよ。








最後に1人だけいいですか。







椎名椿 (MOTTO♡LIP ON MY PRINCE)

f:id:wk__mn:20160427000844j:plain
過去最高の速度で落ちた。時間にして約50分。
聖也くん可愛かったし、聞いてみるか!って聞いた。終わったら好きになってた。キャラメルラテ飲んでた。

よっちんくんにしては珍しい落ち着いたトーンで話し方もゆっくりだし、何よりずるい。何がずるいって、もう全部。存在自体がずるい。


椿さんの好きなところ。
中性的な顔立ち。なのに一人称は俺。面倒見がいい。さり気なく、だけど確実に外堀を埋めてくる。ずるい。


お顔が本っっっっっ当に綺麗。見てこれ。
f:id:wk__mn:20160427011227j:plain
f:id:wk__mn:20160427011251j:plain
f:id:wk__mn:20160427011258j:plain
f:id:wk__mn:20160427011308j:plain
りっぽんキャラで椿さんだけ唇に色ついてんの。色っぽい………………。これで一人称が俺なんだから、なんかねぇ……。


サークルの新歓でちょっと話したことを覚えてて旅行先でお土産買ってきてくれたりする。しかも「2人だけの秘密ね」って。
空き時間に勉強してたら、前に座ってたのにわざわざ隣に移動してきて教えてくれる。
2人で居るところを友達に見られそうになって、見えない場所に連れ込まれる。そこで

「最近ね、仲間内でしょっちゅう話題にされるんだ。俺が1年生の女の子を特別可愛がってる、って。」

特別可愛がってる。はい。
しかもこれはただの建前で、本当は

「君を誰にも知られたくなかったんだ。」

はい。

「紹介すれば、君には俺以外にも頼れる先輩ができるでしょ?それが、やだったんだ。他の奴に甘える君なんて、見たくなかった。」
「もう俺はただの先輩でいることをやめるよ。」
「ただの後輩だなんて、もう思えない。先輩として面倒を見るだけなんて……無理だ。」




極めつけはこれ。


「いっそのこと、一緒に住んじゃうのもありかな、とか思ってたりするんだけど。」


す、住む〜〜〜〜〜!!!!!!!!!
。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。

MOTTOは続編だから前回から居るキャラは付き合い始めてからの話なんだけど、椿さんは新キャラだから付き合って終わりなんだよね。
何で一緒に住めないの?聖也くんとの同居生活すごく幸せだったから椿さんとも同居させてください。
どうすればりっぽんがまた展開するんだろう。グッズ展開もほぼ無いから貢ごうにも貢げない。椎名椿にお金を払わせてください。ていうかもう結婚させて?



おしまい。

推しの話。②

前回は浪川さんのことを書いたので、今回は花澤香菜さんについてです。




前回書いたように、元々神谷さんのファンだったから香菜ちゃんを認識したのはデュラやAB!だ。でも、それより少し前から香菜ちゃんのことは知っていた。
2009年9月-12月に放送されていた「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」のせいである。


そもそも私はREBORN!オタの頃、豊永利行さんと木内秀信さんが好きだった。デュラを見始めたのは豊永さんが主演だったからだ。

DTBを見たのは、本当に偶然だった。
うっかりテレビをつけっぱなしで寝てしまい、目が覚めた時にやっていたのがDTBだった。あれは何話だったんだろう。屋根裏部屋のようなところで、黒*1と蘇芳が寝ていたような覚えがある。
何となく最後まで見た。そして、EDで木内さんの名前を見てめちゃくちゃびっくりした。

そんな木内さんの名前の下にあったのが、今後浪川さんと並んで私の人生を大きく左右することになる「花澤香菜」という名前だった。


香菜ちゃんが演じていたのは、蘇芳・パブリチェンコという13歳のハーフの女の子。ボクっ子
実は私はDTBをちゃんとは見ていない。偶然見たのがあの1回、しかもほぼ終わりかけだったので蘇芳が喋ったのを聞いたのかすら覚えていない。
でも何故か頭の中に「花澤香菜」という名前が残っていた。
そんな香菜ちゃんをはっきりと認識し、好きになったのが先述したデュラララ!!Angel Beats!だ。




園原杏里と、立華かなで。
二人とも声のトーンは似ていた。落ち着いていて、聞いていて心地いい声。
でも二人とも芯はとても強くて、自分の使命や運命から目を背けることなく立ち向かう女の子だった。そこに香菜ちゃんの繊細だけど力強い声が合わさり、私はこの二人にすっかり魅了されていた。
そんな中、某ラジオで神谷さんがすごく香菜ちゃんの話をしていた時期があった。天使天使ってずっと言ってた。わかる。香菜ちゃんは天使だ。

神谷さんがそんなに熱心に語るなんて、花澤香菜ちゃんってどんな子なんだろう?そう思い、色々調べた。そして驚いた。


まだ大学生じゃないか


2010年当時、香菜ちゃんはまだ21歳だった。先述した作品たちを収録したころはまだ20歳だったということだ。
21歳で、あんなに人を魅了できる演技ができるんだ。香菜ちゃんすごい。ていうかめっちゃ可愛いじゃん。あんなに可愛い声で、あんなに可愛い顔だなんてチートすぎないか?


そんな考えをあっさりと打ち砕いたのが、「デュラララ!!ラジオ 略して デュララジ!!」である。とっしーと香菜ちゃんのラジオ!?これは聞かねば!!と意気揚々と聞いた。
けれど聞けば聞くほど、香菜ちゃんに抱いていた妄想が音を立てて崩れ去っていった。え、香菜ちゃんって…ちょっとあほの子……?そう思った。ごめんね、香菜ちゃん。
としくんに対してS発言をしたと思えば、反撃されてタジタジしたり素で照れたり、そんなところが可愛かった。としくんちょっとそこ代わってほしい。

結局デュララジはとしはなのイチャイチャを約1年に亘って放送しただけだった。
香菜ちゃんに対して抱いていた妄想が見事に崩れた私は、気付いたら香菜ちゃんのファンだった。何故だ。わからない。気付いたらなっていた。





そのまま何となく香菜ちゃん好きだなーって思いながら1年くらい過ぎたある日、香菜ちゃんのアーティストデビューが発表された。
発売日は2012年4月25日。ちょうど4年前の、今日だった。


デビュー曲「星空☆ディスティネーション」

北川勝利さん作詞作曲のこの曲。めちゃくちゃ刺さった。
「ふと目が合って笑った あの日あの時を覚えてる?」
す、すごい………。

ここから翌年1月までシングル4枚、2月にアルバム1枚の計5枚が発売された。


7月に発売された「初恋ノオト」は大阪でもリリースイベントが開催され、ありがたいことに参加させていただいた。
初めて生で見る香菜ちゃん。席は良くなかったし、音響もあまりな会場だったけどもずっと好きだった香菜ちゃんが、今、私の視線の先に居る。液晶を通してじゃなく、実際に。
声優ファンの中では結構有名な話だけど、香菜ちゃんはあまり歌がうまくなかった。ニコ動とかでもよくネタにされている。
でもあの日、私が会った香菜ちゃんはあの頃とは比べ物にならないくらい上手くなっていた。びっくりした。3曲目の「にじのそら」では思わず涙ぐんでしまった。



翌2013年3月。大阪と東京で1stライブが開催され、大阪公演だけ参加した。2階席の後ろから2列目。
出てきた香菜ちゃんの第一声を聴いて、また驚いた。7月より更に上手くなっている。CDとほぼ変わらない。こんな短期間でここまで上手くなれるのか。
ちょうど同時期にRO-KYU-BU!で活動していたから、そのせいもあったんだとは思う。あっちはダンスもあるし。でも、それにしても……。
MCで何の話をしていたのかは、残念ながら覚えていない。緊張している香菜ちゃんを見て、こっちまで緊張してたからだ。

東京公演ではマネージャーさんがこんなことを言っていたらしい。



「自分が育てた子が、武道館に立つのが夢。」



そのわずか2年後の2015年5月、香菜ちゃんは武道館公演を見事に成功させた。


武道館で私はライブ中ずっと泣いていた。本当にここまで来たんだ。夢じゃないんだ。最高のライブだった。
何より、アンコールの「恋愛サーキュレーション」。香菜ちゃんが嬉しそうに「せーのっ」と言った瞬間、時間が止まったように武道館全体が静かになった。そして「でもそんなんじゃだめ」と歌い始めた瞬間、武道館が揺れた。みんな一気にペンライトをピンク色に変えて、歓声をあげていた。あの瞬間は一生忘れない。
ライブ終盤、香菜ちゃんは泣きながらマネージャーに向かって「どうだ!連れてきてやったぞ!泣け!!」と叫んでいた。私はまた泣いた。

香菜ちゃんがここまで来るのにどれだけ努力したかなんて私にはわからない。
でも、こうやって努力が形となって表れているのが何よりも嬉しかった。




また歌の話ばっかりになっちゃったから、最後に演技の話でもしようと思う。
香菜ちゃんが演じる役は、杏里や天使ちゃんのように大人しくて儚い役が多い。
透明感のある声のせいだろうけど、私が好きな香菜ちゃんの演技は違う。いや、勿論そういう演技も大好きだけどね。

私が好きな香菜ちゃんの演技は、叫んだり怒鳴ったり、そういう声を荒げる演技だ。
囮物語の撫子とか、最近で言えば監獄学園の花ちゃん。普段の声とのギャップが堪らない。杉田さんもいぬぼくイベで同じこと言ってたよ。仲間だね。
花ちゃんとかすごかったじゃん。あの香菜ちゃんがあんなワードを大声で言っちゃうんだよ。そりゃ神谷さんも心配になっちゃうよね。2期待ってます。

とにかく、今後そういう役が増えればいいなと思う。香菜ちゃんはこういう演技もできるんですよって各所に売り込みたい。売り込みに行くべきなのか???





今までで一番長い記事になった気がする。おかしいな。そして相変わらず脳直で書いてるから読みにくい。ごめんなさい。
長々と書いてきたけど、前回と今回を合わせて思ったこと。


愛が重い。


以上。

*1:「クロ」ではなく「ヘイ」と読む

推しの話。①

まずはじめに、ここでは声優さんに対して「推し」という言葉を使っています。
そのような表現に抵抗がある方は読むことをおすすめしません。







推しと一言で言っても、難しいなとふと思った。
声が好きな人、演技が好きな人、トークや話し方が好きな人、顔が好きな人、人間として好きな人、なんかよく分かんないけど好きな人。
私はこれらに当てはまる人がそれぞれ居るけど、じゃあその人達が推しなのか?と問われたら答えはNOだ。
だってその1つだけが好きなだけの人も居るし、そこ以外は全く知らない人も居る。


それを踏まえた上で私が推しだと言える人は、やっぱり浪川大輔さんと花澤香菜さんの2人なんだろうなぁ、と。




まずは浪川さんについて。

フォロワーさんに浪川さんについて書いてと言われてたからちょうどいいかな。


私が浪川さんをちゃんと認識したのは、たしか2010年。それまでもREBORN!とかで名前は知ってた。
その頃は神谷さんのオタクだった私は、神谷さんがKiramuneというレーベルで音楽活動をしているのを知り、ネットでひたすらKiramuneのことを調べた。
当時は今みたいにメンバーも多くなくて、CDの枚数も少ないし、なんならキラフェスはまだ1回しか開催されてなかったから情報がかなり少なくて、HPに辿り着くのすら一苦労だった。
そして、ようやく辿り着いたHPにて浪川さんもKiramuneで音楽活動をしているのを知る。
でもあまり意識はしてなかった。
小学生の頃から軽いオタクだったとは言え、本格的に深夜アニメを見始めたのが2010年だったから神谷さんにしか興味がなかったせいだ。
そんな私が、何故浪川さんに落ちたのか。



まぁ、今でも一部のファンの間では根強い人気の「Kiramune Presents 浪川大輔柿原徹也ジョイントライブ “Versus”」に参加したせいなんだよね。みんな知ってるだろうけど。
ちなみに、2010年からVersusの開催された2012年の間にP4にハマってます。これも少し関係があったかも。


この頃もやっぱり神谷さんが一番好きだった。でも、キラフェス2012に参加したくてKiramuneの楽曲は全部勉強してた。偉いぞ、当時の私。参加出来なかったけどな。
そこで発表された、このジョイントライブ。大阪公演もあるって知って、ずっと参加するか悩んでた。
だってそこに神谷さんは居ない。ジャニヲタ上がりだからライブハウスというものにも行ったことがない。そもそも浪川さんと柿原さんのことを、曲以外はあまり知らない。
(KAmiYU in Wonderland2には参加してたから自由くんはどんな人か知ってた)
そんなこんなで気が付いたらチケットは完売していた。なんてこった。やってしまった。
実は、ここで一度参加を諦めていた。色々あって、お譲りしてもらうんだけどね。


ちょうどその頃、キラフェス2012のDVDが発売された。
今でも思い出すよ。あの頃の私は、汗だくで歌って、MCでメンバーからもお客さんからもいじられて、ポップアップが下手くそな浪川さんを見て、めちゃくちゃ笑ってた。爆笑してた。何が面白かったのか分かんないけど、面白かった。この人にもう少しで会えるんだと思うと、ワクワクしてた。




そして当日。
夜公演参加だったけども物販に並ぶために昼頃に会場へ行った。目の前でタオルが売り切れた。悔しくて悔しくて、何故か横のCD物販でUTAOの限定盤を買った。

そういえば昼公演が終わる少し前から、雨が降ってたなぁ。浪川さんが雨男なのは知ってたから、浪川さん流石だわ。って思ってた。



夜公演が開場し、後ろだけど見やすい場所を確保できて、緊張とワクワクで心臓がはち切れそうだった。

そしてとうとう開演。
ステージに張られた幕にオープニング映像が映し出された。2人が黒と白の衣装を身に纏い、歌で勝負をするような映像。まさしくVersus。今でもこのオープニングが一番かっこいいと思ってる。
オープニングが終わった瞬間イントロが始まり、幕が下ろされた。あらわになったステージに、マイクスタンドを持った浪川さんとバンドメンバーが居た。



そこからの記憶は、正直言うとあまり無い。とにかく楽しかった。二人ともキラキラしていて、笑顔が眩しくて、かっこよかった。

覚えていることと言えば、汗だくになりながら苦しそうに声を振り絞ってdistanceを歌っていた浪川さん。今だから分かるけど、あの頃の浪川さんには2曲続けて歌った後のタイミングでのキーの高い曲はかなりキツかったんだと思う。
それでも必死に、歌おう。みんなに声を届けよう。と体を前に折り曲げながら歌っていた浪川さんに、私はサイリウムを振るのも忘れて涙を流していた。歌い終わった浪川さんに、自然と拍手をしていた。この曲が、私を浪川さんに落とした大きな要因の1つ。


そして、アンコールの空色追想歌でのギターボーカル。
まだ慣れてなくて、手元を見ながら歌ってたからマイクから声が遠ざかってしまったりしてたのがなんだか堪らなく愛おしかった。あと、ピック飛ばすのめっちゃ下手。かっこつけきれないのが浪川さんクオリティ。
f:id:wk__mn:20160425064251j:plain
これ。やっぱかっこいいね。


もう1つは、アンコールラストのEndless Journey合唱を聴いて「まだ終わりたくない。もっとみんなの声聴いていたい。」ってイヤモニ外して目に涙を浮かべて、最後の挨拶もうまく言えない柿原さんを支えるように、しっかりと前を向いて柿原さんの分まで声を張って「ありがとうございました!!」って言った浪川さん。もうこの瞬間、落ちた。見事にスコーンと。


たった2時間半。落ちるには充分な時間だった。



Versusが終わってからはあっという間で、気が付いたら浪川さんが出るKiramuneのイベントは勿論、ラジオやアニメ、ゲームもチェックするようになり、もうすぐ4年。
ラジオやイベントではアホの子発言や下ネタが多い浪川さんの好きなところは?と聞かれると、今でも答えに迷う。

まず、笑顔。あと、手。もちろん演技も。
でも何よりも、すごく努力家なのにそれを表には一切出さずに、最後までやり通すところなのかもしれない。しかも見る度にレベルが上がってる。
ダンスだって、最初はツーステップすらできなかったって言ってたのに今は1曲丸々歌いながら踊ってる。1stライブでダンスを披露したときは苦しそうな顔だったのに、今や得意気に笑ったりしてる。20も下の小娘にこんなこと言われたくないかもしれないけど、とにかく努力の塊の人なんだと思う。
そんなところが好きなんだろうな。


あと、接近戦では絶対に目線を合わせてくれるんですよねぇ。わざわざ腰を屈めて。んでじっと目を見て、うんうんって頷きながらこっちの話を聞いてくれる。
握手会には今まで3回参加させていただいたけども、優しい笑顔で迎えてくれてあっちから手を取ってくれるんですよ。
握り方は凄くソフトなんだけど(笑)握るっていうか触れてるだけだけど(笑)なんか「あーーー、浪川さんぽいなぁ」ってなりません?
本当に、あのスタンスが凄く好きなんですよ。



これはずっと言ってることなんだけども、私の目標は神谷さんと浪川さんです。
考え方とか、生き方とか、色々。
真反対じゃねーかって思う人も居ると思うけど、私の中ではこの2人はどこかよく似てて。だからこそ好きになったんじゃないかと。




Versusについて語りすぎな気もするけど、浪川さんを好きになった瞬間は間違いなくVersusなので大目に見てください。



5/10 修正・追加しました。以下独り言。

倉敷ファンミ最高でした。私が見たかったものがすべて見られました。
ELEVATIONリリイベも最高でした。あんな距離で浪川さんの背中やつむじを見る機会はもう二度と無いと思います。
世界に感謝。
あと、かなり久しぶりにキラフェスの2010と2012を見たらあまりにもかっこよくて泣きました。おかしいな、あの頃の私は笑って見てたのに。

豚汁の話。

私がこの世で好きな食べ物。
ラーメン、生姜焼き、唐揚げ、お祭りなどで売られているやたら油の味のするフライドポテト。
そして豚汁。

豚汁(とんじる、ぶたじる) とは、豚肉と野菜を煮込んで味噌で調味した日本の料理。具が多く、豚肉が入っている味噌汁(汁物)の一種である。

豚汁 - Wikipedia


豚汁の話になると、まず議題となるのは読み方。「とんじる」なのか「ぶたじる」なのか。
確かに豚はどちらの読み方もできる。
でも「ぶたじる」って、なんか、なんか違くない?いや、地域によるって分かってますよ?でも何だか違和感がする。
じゃあ豚丼はなんて読むの?「ぶたどん」?でも牛丼屋とか行くとほぼ「とんどん」じゃない??銀の匙豚丼*1は「ぶたどん」だったけど、それとこれは違う話だ。ていうかこのくだりいらなかったですね。

なのでこの記事では″豚汁=とんじる″で進めていきます。



以前、「豚汁に入れる具は何か?」とフォロワーさん達と盛り上がった。
大体が同じ具を挙げていたのだが、そこで私は気付いた。


あれ?我が家の豚汁、なんか周りと違くね?


と。



ここで我が家の豚汁の具を紹介しよう。

まず、豚肉。当たり前である。
今ggって初めて知ったんだけども、豚汁には脂身の多いお肉、つまりバラ肉が適してるんだね?我が家は基本スライスです。次に多いのが細切れです。バラ肉入れたこと無いよ。
脂が少ないので旨味が減る、火が通るとパサパサする、固まる。それがどうした。美味けりゃいいんだ。


次に、大根。
味が染み込みにくいので、大根が軟らかくなるまで煮ると他の具材はそれはもう美味しい。
大根最高。


そして、もやし。
これがまた美味い。二日目くらいになると他の具材は崩れてきたりするのだが、もやしだけは最後までもやしだ。
一日目はしゃきしゃきとした食感を楽しみ、二日目以降は味が染みて軟らかくなったものを楽しむのが好きだ。


あとは人参とか長葱とかお豆腐とか、舞茸。お揚げもたまに入ってます。
人参は豚汁に色味を与えてくれる。お豆腐は味噌汁に入れる感覚で入れる。わかるでしょ?
舞茸!!!これ!!!!!入れると超美味い。汁に舞茸の味が染み出して旨味を出し、そして舞茸にも汁が染み込んでいて何とも言えない美味しさだ。
しめじでもいいじゃん、って思うかもしれないけど違うんだ。舞茸の持つあのなんと表せばいいのか分からない旨味、あれがいいんだ。
入れたことない人は騙されたと思って、味噌汁にでもいいから入れてみて。絶対美味しいから。



そしてこれですよ。白菜
私以外で白菜を挙げていたのは、なんとたった1人。他は口を揃えて「白菜なんて入れないよ」と言った。
嘘でしょ……?嘘だと言ってよ、バーニィ……。豚汁における白菜の重要さは野球で言うキャッチャーくらい大事だよ…ピッチャー含めチームを支える大事な役割だよ……。ちなみにピッチャーは豚肉、4番打者は舞茸な。(?)
白菜入れないなら、葉物何入れんの?キャベツ?それも有りだとは思うけど。
ていうかもしかして豚汁には葉物入れないところの方が多いのか??そういえば外で豚汁飲むと入ってない。まじか。

白菜いいですよ。何が?って聞かれると、正直分かんないんだけど。いいですよ。今度入れてみてください。


ちなみにうちはゴボウやこんにゃくは入れません。だって面倒臭いじゃん。
この2つが嫌いなわけじゃありません。きんぴらごぼうとか大好きです。今間違えて「大輔です」って打っちゃってちょっと動揺してる。
きんぴらごぼう、美味しいですよね。祖母の作るのが世界で一番美味しいと思ってます。



豚汁の話でした。

ここまで読んで、お気付きになった方もいらっしゃるかと思います。「あれ?なんか鍋に入れる具材と似てない?」って。

そうなんです。我が家が豚汁を作る日。それは、鍋をした次の日なんです。
鍋の用意をする時に、豚汁用に材料を多めに準備しておくんです。だから白菜とか舞茸とかが入るんです。
もちろん普通の日にも作りますよ?でも、圧倒的に鍋の次の日が多いです。冬場とか、鍋→豚汁→鍋→豚汁のローテーションです。幸せ。とってもヘルシー。
しかも豚汁は一度に大量に作るので、5食くらい続けて豚汁の時もあります。天国かな。




さて、ここからはシメの話です。
「豚汁にシメ?」
そう思った人、居るでしょ。豚汁にシメです。重要ですよ。

まずはおじや。またの名を雑炊。
残った豚汁にご飯を突っ込む。これだけでも美味しいんですけど、卵があると尚良い。
汁がご飯に染み、それを卵がコーティングしてくれる。いいですねぇ、美味しいですよね。
早く食べないと米が汁を吸ってどんどん量が増えるので時間との闘いです。結構腹持ちがいい。


でも私は米ではなく、麺を推します。麺の中でも、うどんです。
これに至っては、周りでやっている人が居なくてびっくりしました。まじか。
よくお鍋のシメにうどんとか中華麺入れるじゃん。その感覚と同じ。だって具はお鍋と同じ。汁がちょっと違うだけ。
味噌煮込みうどんみたいなもんですよ。煮込んでないけど。
とにかく美味しいんですよ。具沢山なおうどんって、なんか贅沢した気分になりません?私はなります。幸せになります。
中華麺入れても美味しいんじゃないかなーって思います。ラーメンじゃなくて、中華麺ね。あの、ちょっと太い麺。




思ったより書けたな。
とにかく、私の一押しは白菜、舞茸、そしてシメのうどんです。ぜひやってみてね。

あーーーーーーお腹すいたーーーーーーーーー

*1:八軒達が育てていた豚

1オタクによる足立透の話。②

続きです。ここから読んでもいいし、①から読んでもいいし。


2012年6月。なけなしのお金を叩き、私はVitaとP4Gを手に入れた。
毎日夜中まで、下手ながらに頑張ってプレイしたのは今でも良い思い出です。



さて、このP4Gは、PS2版のP4に冬休みや新キャラ等の追加が沢山あるのが売りだった。
その追加要素の中に、足立さんのコミュがあった。

コミュとは、所謂キャラとの絆である。
コミュが上がると、そのキャラとのストーリーのような物があったり、女性キャラとは恋人同士になれたりする。




アニメを見てから足立さんが気になって仕方なかった私。
とりあえずジュネスに通い、足立さんが居れば声をかける。かけまくる。
そんなこんなしていると、アニメでは見られなかった足立さんのことが沢山判明した。


まず、それなりにいい学校の出で、学生時代は勉強漬けだったので料理は得意でなく、普段はカップラーメンなどを食べているということ。
作中の7月に彼に話しかけると、「安売りしていたキャベツを買いすぎてしまい、消費に困っている」というような事を言う。
後に彼の代名詞となる「キャベツ」は実はここでしか出ないのだか、「消費に困っている」という点からも彼があまり料理をしないのが伺える。
キャベツなんて野菜炒めなりサラダなり使い道は沢山あるだろうに。


次に、手先がかなり器用ということ。
コミュを進めていくと足立さんを堂島家に誘えるのだが、そこで彼は高度なマジックを披露してくれる。
ちなみに彼の趣味は「リボルバー拳銃のメンテナンス」らしく、P4GA公式によると、部屋のクローゼットには大量の拳銃があるらしい。


そして、他人を見下しつつも、劣等感を抱いているということ。
足立さんは本庁に居た頃はエリートだった。
しかし、周りを見下し自己中心的な立ち振る舞いをしたせいで、八十稲羽へ左還されてきたのだ。

先述した通り、学生時代は勉強漬けだったため友達は居ないし、家族からも愛されていなかった。
八十稲羽へ来てから頻繁に声をかけてくれるおばあさんが居たが、そのおばあさんも足立さんを自分の息子だと勘違いしていただけであり、足立さん自身を気にかけてくれていた訳ではなかった。
「結局自分は、誰かの代わり」そう考えるようになる。



そんな足立さんにも、唯一優しく接してくれる人達が居ました。
それが、主人公がお世話になっている堂島遼太郎とその娘の菜々子ですよ。

作中で明確に描写されている訳ではないけど、足立さんは自分を暖かく迎えてくれる堂島家に対し、自分の居場所や幸せを感じていた訳で。
後に放送されるP4GAでは、そんな居場所を主人公に奪われてしまったことで、様々な面で自分を気にかけてくれる主人公に対して怨んでも怨みきれないという複雑な感情を抱いている描写があります。
この辺りはP4GAの6話、7話を見ていただくとよく分かると思います。自販機の光によって照らされる鳴上くんと、暗闇に佇む足立さんの光と闇の対比がとても印象的でした。



話が逸れました。

もうここまで来ると、私はすっかり足立さんのことが好きになっていました。
世の中の理不尽さなどに不満が募り、2人をテレビに落として殺めてしまうんですよ。クズだ。
元エリートだけあって、主人公達を上手にミスリードする。うん、クズだ。
警察官になった理由も「公務員になりたかったから」。そして、「合法的に本物の拳銃を持てるから」。前者はいいとして、後者よ!!なんてクズなんだ!!


まぁ、調子に乗って色々ボロが出ちゃって見事にこてんぱんにされちゃうんだよね。

f:id:wk__mn:20160417185745j:plain
f:id:wk__mn:20160417185754j:plain

ここ、泣きましたよね。
ちなみにゲームには無いけど、アニメの鳴上くんの「帰ろう、足立さん。」って台詞大好きです。



アニメはここで話が終わりましたが、ゲームはまだ続きます。


足立さんが投獄されてからも、主人公達は世界に違和感を抱き、真実を突き止めようとします。
そんな主人公に、監獄の中の足立さんから、なんと、手紙が届きます。
お手紙。わぁ。

内容は主人公達に黒幕の存在を示唆するものですが、その手紙の一番最後に。
f:id:wk__mn:20160416223414j:plain
「バーカ。」 「バーカ。」 「バーカ。」 「バーカ。」

あ、好きです。はい。ちょっろい。


真実を突き止めるルートでは、この後に堂島さんが面会に来るシーンがあります。
ここで足立さんは「堂島さんのしごきよりも、拘置所暮らしの方が楽」と堂島さんに漏らします。
やっぱり、堂島家には特別な感情を抱いていたんですよねぇ。




さて、真END以外の足立さんの話をしましょう。バッド、ノーマルの話は飛ばします。


「共犯者END」


これです。

足立さんが犯人と突き止めると、それを仲間に告げるか、告げないか。
告げないなら、次は足立さんに会いに行くか行かないか。
ここの選択肢で会いに行くと、「共犯者」に。


個人的にこのENDは胸が痛くなるけど、好きなのよ。
一番クズい足立さんが見れます。凄いよ、ここ。

仲間を裏切って足立さん側につく主人公を見て、「馬鹿だなぁ」と思いつつ自分の手駒としてしまう足立さん。
徐ろに携帯を取り出したかと思うと、主人公の携帯に電話すんの。
主人公の携帯に表示されるのは″非通知″
ちなみに本編で足立さんから電話が来るシーンがあるし、その時は「>足立さんからだ」って出るんだよね。
つまり、その時にかけてきた携帯は仕事用。おそらく今までも事件や堂島さんのこと等で何度かかけてきていて、その時に主人公は番号登録していたんでしょう。
なら何故″非通知″表示なのか。私が思うに、ここでかけてきた携帯は、私用。
うわ、やばい。


そしてこの一言。f:id:wk__mn:20160416233844j:plain
うわっ!うわーーー!やばいやばい!
控えめに言ってやばい!!!!足立さーーーーん!!!!!!

ここで手に入るキーアイテムは「足立の電話番号」。
はーーーーー!!!!????
足立さんの電話番号が手元に!?何故こちらからはかけられない!!??何故!!!!????


取り乱しました。


この後に入るムービー、これがまたね……すごいの……。
言葉で説明出来ないからこれの13:26〜見てください。

言葉にできない胸の痛み……………………。
私のVitaには、足立さんが笑う瞬間のスクショが大量に入っています。気持ち悪いですね。



さて、ラストです。

実は共犯者ENDはもう1つあります。
先程のENDに進む選択肢以外を選ぶと、なんと足立さんは海外赴任になります。わお。
日本を経つ直前に、主人公に電話をしてくる足立さん。足立さん主人公のこと好きすぎないかな!?

そんな足立さんの最後の言葉。
f:id:wk__mn:20160417001416j:plain
このまま一方的に切られます。

凄いね………これ公式なんです…………。



さて、長々と書いてきましたが実はまだ書きたいことはいっぱいあります。
P4U2とP4GAの足立さんも凄かったんですよ。わ、わぁ………ってなります。かっこいいしクズです。
私の文で少しでも気になった方は、是非これらに手を出してください。そして私に感想を投げてください。




まとめ。「何故私は足立透が好きなのか?」

クズという一言でまとめられるくらい、クズなのに何故私は彼のことがこんなにも好きなのか。
それは、彼がどうしようもなく人間味に溢れたキャラだからでしょう。
自分の思い通りにならない世間に対する不満や、周りに対する苛立たしさ。誰にだってあるであろう感情を制御できなかったガキ臭さ。
そして何より、普段見せて居たへらへらとした顔と、素に戻った時のギャップ。

いやぁ、もう全てが愛おしいんですよね。幸せになってほしいです。


おしまい。




あのくすんだ赤の曲がったネクタイ、堂島さんからのお下がりなんだよなぁ……。